大島由香里アナ、センバツ入場行進曲「パプリカ」批判の声に「あり得ない」

1: 名無しさん 20/01/22(水)01:27:37 ID:QUb
20200121-OHT1I50145-L

大島由香里アナ、今春センバツ入場行進曲「パプリカ」批判の声に「あり得ない。初めて聴いた時に泣いた」

 21日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)では、今春の第92回センバツ高校野球(3月19日から13日間・甲子園)の大会入場行進曲が、昨年の「第61回 輝く!日本レコード大賞」で大賞に輝いたFoorinの「パプリカ」(作詞・作曲:米津玄師)に決まったことに賛否の声が挙がっていることを取り上げた。

 番組アシスタントで、元フジテレビの大島由香里アナウンサー(35)は、批判的な声があることについて「パプリカを批判している人たちはあり得ないと思っていて、パプリカって、おととし初めて聴いた時に泣いた。あまりにいい曲で」と切り出し、「去年も米津さんがセルフカバーしていて、それも全然違っていい曲。彼女たち(Foorin)が歌ってヒットはしたけれども、曲自体の力がものすごくあるし、編曲してどんな行進曲になるのか楽しみ」と期待を寄せた。

https://hochi.news/articles/20200121-OHT1T50182.html

10: 名無しさん 20/01/22(水)01:50:00 ID:BRb
初めて聞いた時泣いたから行進曲でOKという
死ぬほど意味不明なロジック

続きを読む
o‚S̘VܗDǃ}b`OTCg PCMAX