「『引退おめでとう』はイチローに失礼」…野球に詳しい人が詳しくない人に誤解で叩かれる

20190323-00119258-roupeiro-000-21-view

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1553511252/

1: 風吹けば名無し 2019/03/25(月) 19:54:12.71 ID:FWgXKkA50
「引退おめでとうございます」は失礼じゃない?批判に「知らなすぎ」
http://news.livedoor.com/article/detail/16201104/
21日深夜にイチローの引退記者会見が開かれた。約80分の長い質疑応答の中で、何人もの記者がイチローに質問を投げかけたが、既にイチローが答えた内容を、再び聞いてしまう一幕があった。それに対してイチローは「さっき言いましたよね?」と返答。この流れをきっかけに、会見を観ていたファンが即座に反応するなど、ファンからの「ツッコミ」が相次ぐ展開となった。

インターネット上では「イチローにばっさり斬られたな」「記者のクオリティが低すぎる」「猛省すべき」と同じ質問をした記者への批判が相次いだ。

また、イチローがとある記者に「聞いてます?」と尋ねた時は、「記者がリアクションを取らなかったり、イチローの方を見ないでパソコンを見ていたりしたんだろう」と、会見場の様子を考える人もいた。

このような記者への不満があふれ始めると「イチロー記者会見の戦犯リスト」を作り、一部の記者の質問をさらす人も現れた。その中には「イチローにTシャツの質問をした記者」や、「『声が小さい』とイチローに言われた記者」、「『引退おめでとうございます』と言った人」などが含まれていた。

こういった記者に対し、インターネット上では「何考えてるんだ」「イチローに失礼」「記者が目立とうとしているように見える」と、さらなる批判が渦巻いた。

2: 風吹けば名無し 2019/03/25(月) 19:54:24.32 ID:FWgXKkA50
しかし、「『声が小さい』と言われた記者の人は、イチローをプロ入り当時から取材していて付き合いが長い。イチロー流のジョークなのでは」と反論する声も挙がった。さらに、日本では違和感があるが、メジャーリーグでは「引退おめでとうございます」という言葉を投げかけるのは、ごく普通に行われていることだという。実際、ヤンキースの公式ツイッターを見ても『おめでとう Ichiro』と書かれている。

これを受けてファンは、「批判している人は、さすがにメジャーを知らなさすぎる」「質問した人はアナウンサーで、MLB中継を長年務めている人だし、自然に出てきた言葉では」と、批判した人を逆に批判する流れも生まれた。

イチローの引退を受けて、千葉ロッテのブランドン・マン投手は「イチロー、おめでとうございます」とツイートしている。野球ファンの中には「引退おめでとうございます」という文化を見聞きして知っている人はある程度いたようだ。

3: 風吹けば名無し 2019/03/25(月) 19:54:31.30 ID:FWgXKkA50
イチローほどの選手になると、野球に詳しくない人も注目する。それだけに、イチローや野球の文化に詳しい人が誤解されて叩かれてしまった今回の記者会見。日米の野球文化の違いなど、考えさせられる結末となった。

18: 風吹けば名無し 2019/03/25(月) 19:56:27.70 ID:mNqaCpRH0
日本語だと違和感あるのは確か

続きを読む