オリックス今季初の同一カード3連勝、貯金最多「3」 セ首位の広島を3タテ

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1528976064/

u6u
06_14_20_55_12_805.mp4_snapshot_00.46
06_14_20_55_12_805.mp4_snapshot_01.00
06_14_20_55_12_805.mp4_snapshot_01.10


オリックス今季初の同一カード3連勝、貯金最多「3」 セ首位の広島を3タテ

先発の金子は6回0/3、6安打2失点で3勝目

■オリックス 8-2 広島(14日・京セラドーム)

 オリックスは14日、京セラドームで行われた広島戦を8-2で勝利。今季初の同一カード3連勝を飾った。吉田正が12試合連続安打となる先制のタイムリーを放つと、この日、1軍昇格した中島が2安打2打点と打線が機能した。先発の金子は6回0/3、6安打2失点で3勝目を挙げた。

【動画】自身の誕生日を派手に祝福! オリックス・大城がレフトスタンドに豪快な一発を放つ!

 セ・リーグ首位の広島を相手に今季初の同一カード3連勝を決めた。両チーム無得点で迎えた4回。1死二塁から吉田正が12試合連続安打となる中前タイムリーで先制すると、尚も1死一、二塁からこの日、昇格即スタメンの中島が中前適時打を放ちこの回2点を奪った。

 さらに5回は大城が左翼席へ4号ソロ、6回には中島が左越えタイムリー二塁打、武田のタイムリー三塁打でリードを5点に広げた。8回には安達の右翼線への2点タイムリー、武田の右前適時打で3点を追加した。

 先発の金子は6回まで走者を許しながらも無失点の好投を見せたが、7回に松山、新井に2者連続本塁打を浴び降板。それでも6回0/3を6安打2失点の粘投で3勝目を挙げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00137861-fullcount-base


676: 風吹けば名無し (スップ Sd62-zEWW) 2018/06/14(木) 20:55:43.52 ID:riGUwfFMd
3タテキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
続きを読む