オリックス福良監督 誤審本塁打に怒りの会見拒否 球団は意見書提出へ

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529708040/

20180623-00000023-dal-000-3-view

1: 風吹けば名無し 2018/06/23(土) 07:54:00.15 ID:ob5ygcfo0
 誤審による敗戦では納得ができない。試合終了直後、約20分に渡り審判団ともめ合うオリックス・福良監督の怒声が響く。「ファウルやろ!」、「何で逃げるんや!」。2戦連続延長戦の末の結末は“リクエスト弾”を被弾しての敗戦。ましてや審判団が正式に誤審を認めたのでは憤りはなおさらだ。

 問題の場面は3-3の同点で迎えた延長十回2死一塁。5番手・近藤がカウント2-2から中村晃へ投じた9球目だった。右翼ポール際へのライナー性の打球はファウルの判定。ただ、すぐさま審判団が集まり、ソフトバンク側からのリクエスト要求という形でビデオ判定となり、本塁打判定に覆り勝ち越しを許した。

 一度はロッカーへ引き揚げた福良監督が、再度審判団の控室へ乗り込み共に映像を確認。約20分後、報道陣の取材に応じたこの日の責任審判だった佐々木二塁塁審は「ポールの前に白いものが見えた」とボールがファウル側を通過していたこと認めた。
また、「見直して確認した結果ファウルでしたと球団方に伝えました」と説明し謝罪。確認された映像は一種類でコマ送りやスロー再生などで検証されたという。

2: 風吹けば名無し 2018/06/23(土) 07:54:14.23 ID:ob5ygcfo0
 ただ、試合は成立しており勝敗や個人成績は変更されず。この日の事案は既に審判団からNPBに報告。球団としてもリクエスト制度のあり方について検討を重ねる姿勢を求めていくことになり「野球規則ではジャッジに関して提訴はできないが、リクエスト制度の改善を求めて意見書を提出するかもしれない」とした。

 リーグ戦再開初戦となったこの日の相手は熾烈(しれつ)なAクラスを演じているソフトバンク。受け入れられない敗戦でチームは4位転落だ。「今日はいいやろ!」。就任後初めて監督会見を拒否した指揮官。交流戦の勢いに水を差されかねない結末。余りにも後味の悪い幕切れとなってしまった。

3: 風吹けば名無し 2018/06/23(土) 07:54:29.41 ID:ob5ygcfo0
続きを読む