2020年NHK大河ドラマ 明智光秀主人公「麒麟がくる」主演は長谷川博己、脚本は池端俊策氏

転載元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1524122842/

1: 風吹けば名無し 2018/04/19(木) 16:27:22.94 ID:ie5EcjwN0
うーん…


2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に主演する長谷川博己

 NHKは19日、2020年放送の大河ドラマが戦国武将・明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」に決まったと発表した。主演は俳優の長谷川博己(41)、脚本は池端俊策氏が務める。

 長谷川は大河ドラマ初主演。大河出演は2013年「八重の桜」以来。今年後期の連続テレビ小説「まんぷく」にも出演、ヒロインの夫を演じる。

 東京・渋谷の同局で会見した長谷川は「感動しています。ちょっと実感が湧かなかったんですけど、たくさん写真を取られて、凄いことを引き受けたんだなと実感しています」と大役の感想。「明智光秀は謎めいた、ミステリアスな人物。いろいろと想像で池端先生にお話をさせてもらった時に、池端先生から明智光秀像が鮮烈で、やらなければならないなと思いました。長旅になりますけど、これを乗り越えた後に、人が見れないような景色が見れるのではと思い、しっかりやりたい。明智光秀は三日天下ですけど、やり遂げた後に1年ぐらい天下がほしい」と意気込んだ。

 大河第29作「太平記」を手掛けた池端氏のオリジナル脚本。大河としては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた半生に光を当てる。物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」であった時代から始まり、丹念にそれぞれの誕生を描く。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000123-spnannex-ent

20180419-00000123-spnannex-000-17-view

2: 風吹けば名無し 2018/04/19(木) 16:28:05.34 ID:W6qVW78U0
脚本次第やな
西郷もキャストはええけど脚本うんちやし
続きを読む