吉田輝星ドラ1位は2球団程度か “特A”不足で各球団リスク回避も

1: 風吹けば名無し 2018/10/12(金) 00:37:34.30 ID:9N0LqBg90
スクリーンショット 2018-10-12 2.26.34
 
今夏の甲子園準優勝投手で金足農(秋田)の152キロ右腕・吉田輝星(18)が10日、秋田市内の同校で会見に臨み、プロ志望を表明。
「プロの世界に入れるのであれば、チームは関係なく、どの球団に行っても努力していきたい」
と12球団OKの姿勢を示したが、最終的に何球団が吉田を1位指名するか。
あるパ球団のスカウトは「今年の特Aランクの7人の中に入っている」と、こう続ける。

「ただし、高校生である吉田は即戦力という位置づけではない。1位指名する球団は投手が欲しくて、
なおかつ人気や話題性を重視し、一軍投手陣に比較的余裕がある球団になってくるだろう」

複数のスカウトの話を総合すると、現時点では「2球団程度ではないか」との声が多い。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/239307

続きを読む