“王柏融超え”の台湾首位打者チェン「自分も日本でプレーしたい」

1: 風吹けば名無し 2019/03/15(金) 20:26:44.61 ID:Vx0a/ffOa
スクリーンショット 2019-03-15 21.19.38
 
昨季は“王柏融超え”で台湾首位打者 ラミゴ主砲「自分も日本でプレーしたい」

 王柏融は2016、17年と2年連続4割超えの成績を残し、昨季終了後に日本ハムに移籍。チェンは昨季、その「大王」を超える打率.375で首位打者を獲得。好成績を残せた理由について「体の調整が上手くでき、1年を通して打撃の調子が良かったからです」と話し、笑顔を見せる。

 2018年11月に行われた侍ジャパンとの壮行試合には、チャイニーズ・タイペイ代表として出場。笠原祥太郎投手(中日)から二塁打、高梨雄平投手(楽天)から本塁打を放ったが、それでも日本の投手はレベルが高いと感じている。

「球のスピードが速く、真ん中にどんどん投げてくる印象を受けました。自分も日本でプレーしたいと思っていますが、そのためにはもっとレベルを上げなければいけないと思います」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00319476-fullcount-base 

続きを読む