週刊文春さん岩瀬移籍報道について記事を出す

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/01/21(日) 11:55:10.59 ID:/KVs6uPia
iwase-hitoki

東スポ「中日・岩瀬が日ハム移籍拒否」報道で考えたこと

さて、大前提を言うと大野のFA移籍に関してはこれにて完了である。吉村GMの「理由はお答えできない」が意味深だけど、契約交渉の機微に関わることだ。言えないというならそれ以上のツッコミはできない。これでキャンプ入りのロースターは定まった。頭を切り替えよう。
このメンバーで去年の大田泰示、松本剛のように飛び出すのは一体、誰だろう。

 と思っていたら17日、東スポの「岩瀬 ハムから補償指名あった」報道が出て、びっくり仰天した。
舞台裏で日ハムは、何と岩瀬仁紀投手兼コーチを指名していたというのだ。岩瀬といえば中日の至宝である。
にとどまらず球界のレジェンドといっていい。それが(おそらくは大ベテランであり、かつ兼任コーチであるところから)プロテクト洩れしており、ハム側が指名に踏み切ったのだという。ケースとしては馬原孝浩のオリックス入りを連想させた

そして岩瀬は引退覚悟でこれを拒否したのだという。最終的には日ハムが折れて、金銭補償に方針転換したという記事だった。
「デスクの目」という解説が添えてあって、「今回起きた『人的補償拒否問題』はFA移籍のシステムそのものを揺るがす重大な『あしき前例』となりかねない」と警鐘を鳴らしている。
SNSはハチの巣をつついたような騒ぎになった。皆、判で押したように「ソースが東スポだが……」「東スポ一紙の報道だが……」とリテラシーを重んじ、批評的なテクスト読みをしているところが面白かった。東スポは教育的なメディアだなぁ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180121-00005942-bunshun-spo 

続きを読む