広島対中日は7-6で中日が逃げ切り勝利!中日、マツダスタジアムで今季初勝利!

転載元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1527324652/

aa
aaa_20180526_175639.mp4_snapshot_00.01_[2018.05.26_18.02.08]
aaa_20180526_175639.mp4_snapshot_00.23_[2018.05.26_18.02.23]

中日ガルシアが連敗ストップ6勝目 広島相手に6回8K3失点 防御率1.69に

再三走者を背負うも粘投、打線の援護を受けて自身3連勝

 中日のガルシア投手が26日、敵地での広島戦で6回3失点(自責1)と力投し、今季6勝目(1敗)を挙げた。チームは7-6で勝利して連敗を2で止め、ガルシアは防御率1.69まで下げた。

 味方打線が初回に1点先制に成功。援護をもらったキューバ人左腕は、初回と2回に走者を背負うも無失点で切り抜けると、3-0とリードを広げた3回は3者凡退とした。だが4回、先頭の鈴木誠也に中前打を許すと、続くエルドレッドの打球を三塁手・福田永将がファンブル。會澤翼に四球を与えて無死満塁のピンチを迎える。ここで2者連続三振で2死までこぎ着けたが、代打の新井貴浩にセンター前へ2点タイムリーを運ばれ、1点差まで詰め寄られた。

 6回の攻撃で女房役を務めた大野奨太のセンターへのタイムリーで1点を追加したが、その裏にガルシアも1失点。辛くも1点リードを守ったまま、6回を123球、8安打8奪三振3四球3失点(自責1)。今季6度目のクオリティースタート(6回以上自責3以下)で、自身3連勝を飾った。

 チームは8回に代打・堂上直倫が左翼へタイムリーを運ぶなど3点を追加。その裏に43歳左腕の岩瀬仁紀が野間にソロ弾を浴び、9回には田島慎二が松山竜平に2点タイムリーを許すも、1点差で逃げ切り3連敗を免れた。中日はこれで借金を3に減らした。

 広島は再三走者を出しながらも打線がつながらず。来日先発となったフランスアは4回攻撃で代打を送られ、4回3失点で初勝利は飾れなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00132866-fullcount-base


355: 風吹けば名無し (ワッチョイWW 9370-qS5o) 2018/05/26(土) 17:55:33.56 ID:YJlhyMoA0
あぶねえええええ

364: 風吹けば名無し (アウアウオー Sa63-OkXn) 2018/05/26(土) 17:55:39.14 ID:z6BuwFPka
奇跡
続きを読む