【パCS1st第3戦】ソフトバンク、CSファイナルS進出 CSタイ記録5本塁打空中戦で日本ハム下す

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539607588/

34
10_15_21_46_14_268.mp4_snapshot_01.40_[2018.10.15_21.53.23]
10_15_21_46_14_268.mp4_snapshot_02.01_[2018.10.15_21.53.34]

ソフトバンク、CSファイナルS進出 CSタイ記録5本塁打空中戦で日本ハム下す

 「パCSファーストS・第3戦、ソフトバンク5-2日本ハム」(15日、ヤフオクドーム)

 レギュラーシーズン2位のソフトバンクが3位・日本ハムを下してこのシリーズ2勝1敗として、5年連続のCSファイナルS進出を決めた。ソフトバンクは17日から1位・西武と日本シリーズ進出をかけて戦う。

 ソフトバンクは空中戦を展開。初回に2番・明石のCS1号ソロで先制すると、その後もデスパイネが2打席連発、松田と中村晃も一発を放ち、5本のソロ本塁打で全得点をたたき出した。

 CSでの1試合5発は、1試合最多タイ本数。1試合両チームで6発も1試合最多タイ本数だった。

 投げては先発した東浜が4回0/3を4安打1失点。2点リードの五回に無死一、二塁のピンチを招くと、工藤監督は2番手・石川へスイッチ。石川が無失点でしのぐと、直後の六回にデスパイネ、中村晃の連続本塁打が飛び出し、日本ハムを突き放した。その後は継投で日本ハムの反撃を無得点に抑え、逃げ切った。

 日本ハムは二回、横尾が2戦連発の同点2号ソロ。先発・杉浦は四回途中2失点と踏ん張ったが、打線が五回から3イニング連続で得点機をつくるも、ソフトバンクの継投に抑えられた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000122-dal-base

50: 風吹けば名無し (ワッチョイWW 7110-Y87/ [58.3.2.176]) 2018/10/15(月) 21:47:31.83 ID:8d0z5xTM0
勝ったばーい!

56: 風吹けば名無し (ワッチョイW d143-NcDD [42.150.90.72]) 2018/10/15(月) 21:47:32.72 ID:/xyBWPcS0
おつかれ
続きを読む