日ハムが吉田輝星と大トリ面談 他球団の倍以上の時間を使いスカウト部長が直々に

1: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 09:07:53.50 ID:rR4CRwgqH
thumb-12133-225057-sports
 
日本ハム、金足農・吉田と面談 巨人とオリも訪問し計11球団に

今夏の第100回全国高校野球選手権大会(甲子園)で準優勝に輝き、10日にプロ野球志望届を提出した金足農・吉田輝星投手(3年)に対し、巨人、オリックス、日本ハムのスカウトが15日、秋田市内の同校を訪れた。3球団は中泉一豊監督(46)に調査書を手渡して会談。日本ハムは大渕隆スカウト部長(48)が出向き、吉田との面談も行うなど、改めて評価の高さをうかがわせた。   
直々に足を運んだ。日本ハム・大渕スカウト部長は、白井スカウトとともに金足農を訪れ、中泉監督もまじえて約40分間、吉田と面談を行った。   
「上位候補と考えている高校生とは、こうして面談をするようにしている」。大渕スカウト部長は改めて吉田が高評価であることを明かした。   
同部長は、試合や練習で見せる能力だけでなく、普段の態度やしぐさなどもチェックし、これまで大谷翔平(現エンゼルス)や清宮幸太郎ら高校生を上位で指名してきた。この日の吉田に対しても「非常に立派な受け答えだった」と評するなど、約15分だった阪神の倍以上の時間を使って、じっくりと見極めた。   
この日は昼過ぎから巨人、オリックスのスカウトも調査書を手渡しに同校を訪れた。10日に吉田がプロ志望届提出後、プロ球団の同校訪問が始まったが、関係者の話を総合すると、この日が最後。日本ハムは、11球団(西武以外)のトリを飾った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000037-sanspo-base 

続きを読む