吉田輝星、ホロ苦初登板…制球苦しみ「心折れそうに」

1: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 21:00:37.98 ID:ks7LvJhf0
スクリーンショット 2019-02-12 3.15.28
 
吉田輝星ホロ苦初登板…制球苦しみ「心折れそうに」

同期対決で敗れた。日本ハムのドラフト1位、吉田輝星投手(18=金足農)が沖縄・国頭2軍キャンプの11日、初の打撃投手を務めた。小雨が降る中、ドラフト2位の野村佑希内野手(18=花咲徳栄)を相手に25球中14球がボール。制球に苦しみながら、安打性の当たりは9スイングで1本に抑えるも「ボール球が多かったんで負けですね。(自分の心が)折れそうになりました」と振り返った。  
前日に野村へ堂々と宣戦布告していた。「(心を)折りたいみたいなこと言ったの?」と問われ、「折りたいんじゃなくて折るんだよ」と返答。しかし、防球用のネットが置かれるなど、練習してきたブルペンとの違いに苦しんだ。「コントロール(ストライク)が入らなくて、やばいなと思いました」と素直に明かした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00478871-nksports-base  

続きを読む