ソフトバンク対西武は3-2で西武が勝利!西武、ソフトB戦の連敗を4で止める!十亀3勝目、女房役・岡田がV打

転載元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1527077047/

242
aaa_20180523_210939.mp4_snapshot_00.03_[2018.05.23_21.14.56]
aaa_20180523_210939.mp4_snapshot_00.56_[2018.05.23_21.15.07]


西武、ソフトB戦の連敗を4で止める 十亀3勝目、女房役・岡田がV打

● ソフトバンク 3 - 2 西武 ○
<8回戦・ヤフオクドーム>

 西武が接戦を制し、連敗を2でストップ。6回を投げ9安打1失点と粘った先発・十亀が3勝目(5敗)を手にした。

 十亀は初回、2本の内野安打などで二死満塁のピンチを背負うと、自らの暴投で先制点を許した。4回と6回のも満塁のピンチを背負ったが、ここでは決定打を許さず6回を投げ切り最少失点。6回119球、9安打3奪三振2四球の内容ながら、勝利投手の権利を持って降板した。

 十亀は「テンポが悪いなか、要所で点を与えなかったのはよかったですが、最低限のことしかできませんでした」と振り返ったが、1点リードの7回以降は武隈、ワグナー、増田の継投。救援陣も1点リードを守り、増田は7セーブ目を手にした。

 打線はソフトバンク先発・石川に対し、4回まで無得点。それでも5回、1番秋山が同点となる6号ソロを右翼席へ運ぶと、続く6回は「十亀さんがいいピッチングをしていて同点だったので、何とか打ててよかったです」と語った8番岡田が、決勝打を中前へ運びバットでも十亀を援護した。

 ソフトバンクは西武戦の連勝が4でストップ。打線は十亀に9安打を浴びせながらも、好機であと一本が出ず。石川は6回2失点とゲームメイクしたが、打線の援護なく2敗目(6勝)を喫した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00154028-baseballk-base

104: 風吹けば名無し (ワッチョイ 5aa2-RYnA) 2018/05/23(水) 21:09:18.32 ID:Ej7xScXO0
勝てる 勝てるんだ

106: 風吹けば名無し (ワッチョイ fa66-HRP5) 2018/05/23(水) 21:09:20.05 ID:fVo+pf950
マケタバーイ
続きを読む