西武ドラ1・今井 松坂以来のデビュー戦先発勝利 交流戦首位のヤクルト打線を抑える

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1528892700/

g_20180613_213513.mp4_snapshot_00.12

西武ドラ1・今井 松坂以来のデビュー戦先発勝利 交流戦首位のヤクルト打線を抑える

 「交流戦、西武7-3ヤクルト」(13日、メットライフドーム)

 2016年のドラ1右腕、今井達也投手がプロ初登板初先発を6回5安打1失点(自責0)でプロ初勝利。球団では1999年4月7日・日本ハム戦(東京ドーム)の松坂大輔(8回2失点)以来のデビュー戦先発勝利を飾った。

 今井は三回に無死二塁から井野の二塁への内野安打を許したが、処理した浅村の一塁悪送球の間に二走の西浦が生還し、1点を失った。失点はこの1点のみで、150キロを超える直球と切れある変化球で2四球、6奪三振と、交流戦首位を走る好調なヤクルト打線を最少失点に抑えた。

 今井は2軍で4試合に先発し、2勝1敗、防御率2・52の成績を残して、1軍切符をつかんだ。

 一方、打線は1点を追う四回に外崎、メヒアの連続弾で逆転に成功。今季5勝を挙げているヤクルトの先発右腕、ブキャナンから先頭の外崎が左越えに7号ソロを放ち、同点とすると、続くメヒアは中越えに4号ソロをたたき込んだ。

 さらに六回には秋山の押し出し四球と源田のタイムリーで2点を追加。ブキャナンをKOすると、代わった松岡から浅村、山川も押し出し四球を選び、リードを5点に広げた。さらに八回には浅村の適時打でダメを押した。

 ヤクルトは八回に雄平の犠飛などで2点をかえし、九回には2死二塁から青木が中前タイムリーを放ったが、六回の3つの押し出し四球による失点が痛かった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000136-dal-base


334: 風吹けば名無し (ワッチョイWW 9b39-mdv3 [122.196.141.20]) 2018/06/13(水) 21:31:54.30 ID:uKwK01iw0
カッタデー
555
g_20180613_213513.mp4_snapshot_00.23
g_20180613_213553.mp4_snapshot_01.01

343: 風吹けば名無し (ワッチョイWW dbb6-fokB [58.95.27.171]) 2018/06/13(水) 21:32:00.89 ID:fJldENfX0
今井おめでとう!
続きを読む