【パCSファイナル第2戦】10点取られた翌日に13得点 西武打ち合い制し2勝1敗、栗山CSタイ6打点

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539864977/

13
10_18_21_31_02_185.mp4_snapshot_00.15_[2018.10.18_21.37.05]
10_18_21_31_02_185.mp4_snapshot_00.26_[2018.10.18_21.37.11]
10_18_21_31_35_144.mp4_snapshot_00.11_[2018.10.18_21.37.19]


10点取られた翌日に13得点 西武打ち合い制し2勝1敗、栗山CSタイ6打点

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ:第2戦 西武13-5ソフトバンク(18日・メットライフドーム)

 リーグ優勝した西武が3回までに8得点を挙げる猛攻で、このクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ初勝利。リーグ優勝チームのアドバンテージ1勝を含め、通算2勝1敗とした。

 西武は初回、栗山の2戦連発となる右越え3ランで先制。ソフトバンク・ミランダからは、リーグ優勝マジックを初点灯させた9月17日も初回に満塁本塁打を放っており、短期決戦で再び初回に手痛い一発を浴びせた。

 ソフトバンクも直後の2回に反撃し、高田、甲斐が連続タイムリー。一塁山川の本塁への悪送球も重なり、すぐさま追いついた。

 西武はその裏、源田の右前適時打で再び勝ち越し。さらに浅村も左越え3ランで続いてリードを4点に広げた。この回限りでミランダを降板に追い込んだ。

 ソフトバンクは3回、ソフトバンクは3連続四球から中村晃が右越えに2点二塁打で2点差。それでも西武先発の多和田が、ここから9人連続凡退に抑えた。

 3、6回と1点ずつ加えた西武は7回、この試合2度目の打者9人攻撃で4点を追加。第1戦でソフトバンクに10得点を許して先勝されたが、第2戦は2桁得点で雪辱した。なおこの回2点中前打を放った栗山は、セ・パ両リーグのプレーオフ、CSタイ記録となる1試合6打点。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00010016-nishispo-base


504: 風吹けば名無し (ワッチョイWW 6a7f-M567) 2018/10/18(木) 21:30:51.33 ID:GODVF0BB0
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

505: 風吹けば名無し (ワッチョイWW 0fab-1/Zg) 2018/10/18(木) 21:30:51.58 ID:W4bGRUdm0
うおおおおおおおおおおおお
続きを読む