大谷争奪戦激化 マリナーズとエンゼルスがともに有望株放出し、大谷資金1億円を獲得

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/07(木) 13:30:51.72 ID:qKPQ4QHq0
49
 
ポスティングシステムにより大リーグ移籍を目指す日本ハムの大谷翔平選手(23)と交渉中のマリナーズは6日(日本時間7日)、
有望捕手のデービッド・バニュエロスをツインズにトレードに出し、100万ドル(約1億1千万円)の海外選手契約金プールを獲得したと発表した。

同日、大谷と交渉中のエンゼルスもツインズとのトレードで有望外野手のジェイコブ・ペアソンとの引き換えに同じく100万ドルの海外選手契約金プールを獲得した、と米スポーツサイト、ジ・アスレチックのケン・ローゼンタル記者がツイッターで伝えた。

 今回のトレードによりマリナーズの“大谷資金”はレンジャーズの353万5000ドル(約3億9千万円)に次ぐ255万7500ドル(約2億8千万円)に、エンゼルスは両軍に続く231万5000ドル(約2億5500万円)となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000054-dal-spo

続きを読む