日ハム宮台、文武両道が評価され台湾で特集が組まれる

1: 風吹けば名無し 2018/11/09(金) 12:15:42.26 ID:3b2gjQX50
スクリーンショット 2018-11-09 23.05.30
 
東大卒の日本ハム宮台康平投手(23)が、国内外から注目を浴びて、2年目の来季へ鍛錬を積んでいる。沖縄・国頭での秋季キャンプで、来日した台湾のネット媒体から取材を求められた。
近日中に、台湾でも希少な文武両道の背景などが、特集で取り上げられる。秀才左腕は8日、ブルペンに入り、精力的に投げ込んだ。

宮台の魅力が、海を渡って発信される。秋季キャンプが行われている沖縄・国頭に、台湾のネット媒体の記者が訪れた。お目当ては清宮ではなく、宮台。台湾でも、ドラフトで指名された直後から清宮に匹敵するほど注目度が高かったという。
鄭(テイ)記者は「台湾では、文武両道できる環境がない。ぜひ、なし得た背景を特集させてもらいたかった」と説明。東大法学部卒の宮台に、白羽の矢が立った。
https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201811090000253_m.html

続きを読む