侍・稲葉監督、五輪に周東を選ぶ気満々「スペシャリストはやっぱり必要」

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1574135376/

1: 風吹けば名無し 2019/11/19(火) 12:49:36.17 ID:UtnoHEKW0
20191119-00010004-nishispo-000-1-view
激闘だった韓国との決勝を制してから一夜明け、都内で取材対応した稲葉監督は、既に東京五輪を見据えていた。「『スペシャリストはいらない』ではなく、やっぱり必要ではないかと考える大会になった」。主に代走起用で大会盗塁王になった周東らについて、言葉を選びながら言及した。

 今大会の周東は、稲葉監督が掲げた機動力野球の切り札として、緊迫した場面で存在感を見せた。足を相手に警戒させ、要所で決めた4盗塁はチームを勢いづけた。一方で、打席に立つことは一度もなく、序盤でリードを奪った決勝では出場機会がなかった。

 今大会は28人のメンバーを最大限に生かしたが、選手枠が24人に減る来夏の東京五輪では、メンバーをさらに厳選することが求められる。稲葉監督は「(東京五輪の)人選は慎重にしなければいけない。大会をしっかり振り返って、議論して決めたい」とした。

 稲葉監督は「投手でいえば嘉弥真、大竹もスペシャリストと思っている」と説明し、今後のメンバーについては「今回の選手を土台にする」と強調した。東京五輪でも強豪国との対戦は接戦が予想される。世界を驚かせたスピードスターを含め、今後のチームづくりが注目される。 (松田達也)

2: 風吹けば名無し 2019/11/19(火) 12:49:58.61 ID:UtnoHEKW0

3: 風吹けば名無し 2019/11/19(火) 12:50:01.40 ID:l3sTHzHb0
ほんといらねえ

4: 風吹けば名無し 2019/11/19(火) 12:50:26.64 ID:CedBSi75M
野球のスペシャリスト出せや

続きを読む