楽天首脳陣「則本を勝たせろ!」 則本「古川、頼んだぞ!」 古川「おかのした」

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539660921/

gol18101610000001-p1

1: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 12:35:21.38 ID:pCPCfMg+r
https://www.sanspo.com/baseball/amp/20181016/gol18101610000001-a.html
楽天・古川侑利投手(23)が、今季最終戦となった13日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発。則本の、新人からの6年連続2桁勝利達成をお膳立てした。

 「初回から心臓がバクバクでした。則本さんの記録のことは分かっていました。四回が終わったときはホッとしました」

試合後、思わず苦笑いで振り返った。「則本を勝たせろ!」をスローガンに掲げた一戦。試合を壊せば先輩の記録は消滅。みごと重圧をはねのけ、4回1安打無失点と好投し、2番手・則本に勝利のバトンを渡した。

 四回を投げ終えベンチに戻ると、先輩右腕から「ナイス・ピッチング! ありがとう」と最敬礼された。先発予定だった則本が、体調不良で回避。首脳陣は、勝利投手の権利を得る5回を投げきるのは困難と判断し、ブルペン待機を命じた。代役に抜擢(ばってき)された古川は、理想的な働きで役目を果たした。

 無事今季10勝目を得た則本は「素晴らしい投球内容で、本来なら7、8回投げられるのに代わってくれた。モチベーション的にも難しい登板機会なのに、完璧にやってくれた」と感謝。平石監督代行も「則本の勝利に大きく貢献してくれた」とたたえた。

 4年目の今季は6月にプロ初勝利を挙げ、18試合で4勝9敗、防御率4・13。「なかなか勝てないで、悔しい思いもした。来年は2桁勝てるようにフォークの精度を上げる」という右腕は、先発ローテーションの一角を担った自信と悔しさを、来季につなげる。

25: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 12:40:03.04 ID:c1noQXk9M
>>1
本人も5勝って言う目処があったのに可哀想
続きを読む