栗山監督「上原、2軍で4試合投げてこい。そこで結果が出なければユニフォームを脱がす」

1: 風吹けば名無し 2018/06/19(火) 08:55:46.91 ID:RE0fSU+HH
スクリーンショット 2018-06-19 20.21.26

覚悟を決めた夜がある。中継ぎとして初の開幕1軍も調子を落としていた4月20日。札幌ドームでのソフトバンク戦後、監督室に呼ばれた。2軍降格を決めた栗山監督から「2軍で4試合、先発で投げてこい。結果を残さなかったら、本当にユニホームを脱がす」と、通達された。   15年ドラフト1位も2年間で1勝のみ。上原は「いつクビになってもいいくらいの覚悟が出来た。そこまで追い込まれていると再確認した」と振り返る。2軍戦では4試合20イニング4失点、防御率1・35と結果を出し、はい上がった。   チームも2年ぶりの交流戦勝ち越しが決定。首位西武にも1差に迫った。高校野球の名門、広陵出身の大型左腕は「広島で、いい姿を見せられてうれしい。これを続けていきたい」。この日が、まぐれではない活躍を続ける覚悟も決まった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00243180-nksports-base

続きを読む