ロッテ対DeNAは4-1でDeNAが延長戦を制す!大和が延長11回決勝打!!

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1528983983/

44
06_14_22_47_34_736.mp4_snapshot_00.01_[2018.06.14_22.49.45]
06_14_22_47_34_736.mp4_snapshot_00.45_[2018.06.14_22.49.49]

先発復帰の大和が勝ち越し打!DeNA 延長戦制し3位浮上

<ロ・D>11回1死二、三塁大和は勝ち越し2点タイムリーを放つ(撮影・森沢裕)

 ◇交流戦 DeNA4-1ロッテ(2018年6月14日 ZOZOマリン)

 DeNAが延長11回に大和の2点適時打などで3点を勝ち越し、連敗を2で止め、セ・リーグ2位に浮上した。

 1―1で迎えた延長11回、先頭の桑原の中前打を足場に築いた1死二、三塁で、この日3試合ぶりにスタメンに復帰した大和が中前へ2点タイムリーを放ち勝ち越した。さらに大和が二盗を決め、神里が左中間へタイムリー三塁打を放ち4―とリードを広げた。

 大和は12日の練習中に後頭部付近に打球を当て病院に搬送。大事を取って13日は出場を見合わせていた。この日は「9番・遊撃」で先発し、5打数2安打。0―1で迎えた7回には、2死から大和が左前打で出塁。神里、代打・山下の3連打で追いつく足がかりの安打も放っていた。

 ロッテは2回、清田の中前打を足場に2死二、三塁とし、パスボールの間に先制点を挙げたが、その後は本塁が遠く、連勝は3で止まった。

 先発のドラフト5位ルーキー・渡辺は5回78球をを投げ6安打無失点と粘りの投球を見せたものの、5度目の先発でもプロ初勝利とはならなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000155-spnannex-base


22: 風吹けば名無し 2018/06/14(木) 22:47:18.64 ID:wNjaBg4O0
カッタデー

23: 風吹けば名無し 2018/06/14(木) 22:47:19.85 ID:/sOyZx260
ベイカッタ
続きを読む