{ňԊȒPɃrbgRC coincheck bitcoin

日ハム浦野、血行障害で骨が壊死する重症だった

643 :名無しよ大志を抱け 2017-02-16 21:55:33
G20140315007779600_view
渕上アナの浦野レポ、書き起こすね
監督は「浦野らしいまっすぐが戻ってきたね」と話していた。本人は「変化球が高く浮いていたけれども点も取られたけれど、まっすぐの感覚は悪くなかった。ストライク先行で行くこともできた」と話していた。

昨年は右肩痛でシーズンを棒に振るという形になっていたが、かなり深刻だったようで、本人に聞くと「骨の血行障害、骨が壊死していたという。診断した先生からは前例がないと言われたくらいの重い診断を下されて目の前が真っ暗になった。7、8月は絶対に肩を動かすな、投げるなと言われてノースロー。投げられない時期があった。その診断を聞いた時は“もう終わった”と思ったし、投げられない間は野球のことは一切考えたくもなくて、見ないようにしていた」。

本人曰く「地獄からやってきました。先を見ても考えても道が開けていないし、なにしろ前例がないと言われたものだから、誰にも相談できないし相談もできないし。ただ、メスは入れなかったので、自然に好転するということを祈ってリハビリを行っていた。9月頃からちょっと投げられるようになり、フェニックスリーグからようやく投げられるようになって、今の状況に戻った。だから、本当に投げられるということがこんなに幸せなことで、嬉しいことだと。野球人生で初めて右肩を壊して投げられない時期を経験して、本当にしんどかった。今はまったく回復して、不安なく投げられている。まだ復活というところまでは言っていないですね」 

札幌ドームで投げたらどうなるでしょうね、と渕上アナが尋ねたところ「結構、感傷的じゃないけど、自分の中で“戻ってきた”という気持ちになるでしょうね」と明るい表情で答えていた





続きを読む
{ňԊȒPɃrbgRC coincheck bitcoin