【悲報】イノシシ、砂防堤に落ち脱出不能になる

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539913678/

1: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 10:47:58.20 ID:tUdSHlD80
 2頭のイノシシが北九州市門司区の川に造られた砂防施設間に転落して、脱出できなくなっている。イノシシは駆け上がろうと試みるが、途中で力尽き、川底を所在なげにうろつくばかり。近所の住民は「このまま衰えていくのを見るのは忍びない」と区役所に相談したが、鳥獣保護法により手出しが出来ないという。

 現場は門司区北川町を流れる小森江川に設けられた砂防施設。イノシシが落ちたのは、二つの砂防堤とコンクリート壁に囲まれた楕円(だえん)形の川底で、壁の高さは約6メートルある。水はわずかしか流れておらず、ほとんどが土砂で覆われている。

 施設の目の前に住む、タクシー運転手の西津千代子さん(60)がイノシシに気付いたのは12日の朝。自宅の2階からは川底が見渡せる。何げなく目をやったところ、2頭がいたという。周囲にエサになりそうなものはない。「このまま命が弱っていく様子を、ただ見過ごしたくはない」と夫の利雄さん(62)と話し合い「底から救い出して、山にかえしてもらえないか」と消防や区役所などに相談した。だが、答えは「どうにも手の出しようがない」だった。

 門司区役所や市鳥獣被害対策課の担当者によると、野生動物が自然界の中で今回のようなアクシデントに遭った場合、鳥獣保護法の考えでは「原則として手出しをせずに見守ることになっている」という。

 さらにイノシシは農作物などに大きな被害をもたらしていることから、福岡県がわなや狩猟による捕獲の対象にもしている。

 砂防施設のコンクリート壁の間近に迫る山の斜面は、ところどころが崩落している。西津さんによると7月の豪雨の際に崩れたのだという。西津さんは、斜面を駆けていたイノシシが崩落部分でバランスを崩して転落したのではと考えている。「転落は自然界の出来事というが砂防施設は人間が造ったもの。せめて新たな転落が起きないよう、対策を講じて欲しい」と話した。(吉田啓)
no title

no title

no title
https://www.asahi.com/articles/ASLBL4J9BLBLTIPE01L.html?iref=comtop_8_06

20: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 10:52:53.92 ID:oUTPbWwu0
こんなん罠やん

5: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 10:49:18.55 ID:CuVyIfT+p
農家「は?」

3: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 10:49:04.04 ID:VNHjwxLAM
鳥獣保護法と猟による駆除って矛盾しないんだな

続きを読む