ソフトバンク対西武は16-4でソフトバンクが大勝!ソフトバンク球団最多タイ1試合8本塁打!西武は多和田が4回途中11失点KO

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531741186/

sb
g_20180716_210940.mp4_snapshot_02.26
g_20180716_210940.mp4_snapshot_02.48
g_20180716_210940.mp4_snapshot_03.12

ソフトバンク、球団最多タイ1試合8本塁打!打線爆発21安打16点で大勝

 ◇パ・リーグ ソフトバンク16―4西武(2018年7月16日 ヤフオクD)

 ソフトバンクは、ダイエー時代の94年9月18日のロッテ戦で記録した球団の1試合最多本塁打記録に並ぶ8本塁打をマークするなど、今季最多21安打16得点で圧勝。連敗を2でストップした。

 2点を追う初回、先頭の上林が右越え13号ソロを放つと、1死から柳田、デスパイネの連打で一、三塁とし、内川の遊ゴロの間に2―2と試合を振り出しに戻す。なお2死二塁から松田が勝ち越しの左越え15号2ラン、甲斐も5号2ランと、この回だけで3発が飛び出し、6―2と逆転に成功した。

 その後も打線の勢いは止まらず、2回には中村晃の8号ソロなどで2点を追加。4回に3点、5回に柳田の21号ソロ、内川の7号ソロで2点を加えると、7回には柳田の2打席連続22号に続いて牧原のプロ初本塁打も飛び出し、16―3と大量リードを奪った。

 西武は先発の多和田が大誤算。初回に山川のリーグトップの24号2ランで2―0と先手を取ったが、直後に3本塁打を浴びて6点を失うと、その後も立て直せず4回途中でともに自己ワーストの14安打、11失点でKO。自身初の2桁勝利はお預けとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000152-spnannex-base


649: 風吹けば名無し (ワッチョイ 8d77-pE7P) 2018/07/16(月) 21:11:41.92 ID:q2sQ6onT0
かったばーい
続きを読む