【パCSファイナル第3戦】ソフトバンク15安打16得点で大勝 2勝2敗タイ

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539951336/

112
10_19_21_31_01_831.mp4_snapshot_00.10_[2018.10.19_21.33.56]
10_19_21_31_01_831.mp4_snapshot_00.45_[2018.10.19_21.33.58]

ソフトバンク15安打16得点で大勝 2勝2敗タイ

<パCSファイナルステージ:西武4-15ソフトバンク>◇第3戦◇19日◇メットライフドーム

レギュラーシーズン2位のソフトバンクが、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージの第3戦で16安打15得点の猛攻で西武に大勝した。西武のアドバンテージの1勝を含めソフトバンクは通算2勝2敗のタイに戻し、2年ぶりの日本シリーズ進出へあと2勝とした。

ソフトバンクが先手を奪った。3回1死二、三塁で上林がカウント2-0から内角高めに入ったスライダーを捉え、右翼席へ先制3ラン。さらに2死一、三塁で中村が適時打を放ち、4点を先取した。西武先発の榎田は3回で降板し、4回からは十亀がマウンドに上がった。

中盤に入るとソフトバンクの勢いはさらに増した。4回に川島、上林が連続タイムリー、1死満塁でデスパイネの犠飛で3点を追加。5回には2番上林、3番グラシアル、4番柳田が3者連続適時打などで一挙5得点を挙げた。上林は2008年の小笠原(巨人)、前日の栗山(西武)に並ぶCS最多タイとなる1試合6打点をマークした。

6回には7番一塁で先発復帰した内川が左中間へソロ本塁打が飛び出た。8月に戦列を離れ、CSファイナルシリーズで復帰したバットマンが復調の兆しを見せた。

ソフトバンク先発の千賀は、西武の誇る山賊打線を山川のソロ本塁打のみに抑えるなど5回1失点で降板。6回からモイネロ、大竹、椎野でつなぎ、勝利をもぎ取った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00366519-nksports-base


690: 風吹けば名無し (ワッチョイW eed3-FTt/ [153.203.97.58]) 2018/10/19(金) 21:30:48.18 ID:aLTIPkXF0
はい

692: 風吹けば名無し (ワッチョイW fd5d-sO/X [106.167.11.52]) 2018/10/19(金) 21:30:49.08 ID:hAoHib6f0
最後はええな
かったばーい
続きを読む