日ハム上沢が手術乗り越え4年ぶり完封で首位西武に連勝!!!ゲーム差は2.5に!!!

1 :名無しの道@15周年 00:00:00:00 ID:fightersmatome
180516s
日本ハム・上沢、右ひじ手術乗り越え4年ぶり完封「自分でもびっくり」

日本ハムの上沢直之投手(24)が西武打線を4安打完封。2014年9月15日のオリックス戦(札幌D)以来4年ぶりとなる自身2度目の完封勝利で今季4勝目(1敗)を挙げ、首位チーム相手の2連戦2連勝に大きく貢献した。   
上沢は8回まで三塁を踏ませず、2安打投球。114球を投げていたが続投した9回には源田、浅村に連打されて無死一、二塁のピンチを招いたが、4番・山川を空振り三振に仕留めると、5番・森は二塁ゴロ、6番・外崎は投手ゴロに打ち取り、最後まで得点を許さず。結局133球を投げ切り、9回4安打9奪三振の力投だった。   
「最高です」と切り出した上沢は、味方打線が7回にノーヒットで挙げた1点を守り切っての1―0での完封勝利に「いや、ほんと…自分でもびっくりしてます」と笑顔。9回に迎えたピンチについては「やっぱり簡単に完封ってできないんだなって心の中で思いながら。でも、これを抑えたら完封できるんで、強い気持ちで投げました」と振り返った。   4年ぶりの完封は、右ひじ手術を乗り越えての完封でもあった。「今こうやって自分が(お立ち台に)立てているのは周りの方がケガしている間もずっとサポートしてくださったので、その方々に感謝したいです」。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000147-spnannex-base 

続きを読む