【悲報】大田泰示「本当は4番を打ちたかった」

大田
引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1574372080/
1: 風吹けば名無し 2019/11/22(金) 06:34:40.60 ID:EZqmL0uK0
 「実際に打ちたい打順」の質問を受けた大田は「クリーンアップ」と即答。すると、すぐさま隣にいた西川が「クリーンアップでいいんですか? 3、4、5(番)があるけど」といたずらな笑みを浮かべると、大田はうつむきながら小さな声で「4」と答えた。

 その後、しっかりと顔を上げ
「4番が打ちたいです。競争心を持って頑張ります」と力強く言い切った。これには集まったF党から一段と大きな拍手が送られた。

 トークライブ後「(4番は)自分の目標。野球をやっていく上で、そういうところを目指せる選手になりたい」と力を込めた。昨季、今季と主に2番を打ち”強打の2番”として定着した。特に今シーズンはキャリアハイとなる20本塁打をマークするなど、大砲の花が開きつつある。

 9月26日のオリックス戦では移籍後初の4番に座り、本塁打を含む2安打と躍動。「次の試合でも(4番で)使ってほしかった」と笑いながら振り返ったが、十分に可能性を示すことができた。

2: 風吹けば名無し 2019/11/22(金) 06:35:17.10 ID:EZqmL0uK0
 まだ実力が十分ではないことも理解している。「まずは全試合に出るというところが大事」と143試合フル出場を目標に掲げ、「その中でホームランの数だったり、打点の数」と中軸に求められる長打や勝負強さを披露していくつもりだ。

 さらなるレベルアップへ、出塁率アップもテーマの一つ。今季は打率(・289)、本塁打(20)、打点(77)の「打撃3部門」でキャリアハイの数字を更新。しかし、3年間で最も多い594打席に立ちながらも、四球は移籍後最少となる27。併殺も12球団ワーストタイとなる22を数えてしまった。

 これらのウイークポイントを改善する上で、目標の打者像がある。「浅村(楽天)。フォアボールを取れるし、ホームランを30発打てる。打点も100ぐらいいく。目指すところっていうのは、今の僕の中では浅村」と同学年スラッガーの名前を挙げた。 

3: 風吹けば名無し 2019/11/22(金) 06:36:20.15 ID:ku6xkS9zd
これには翔さんも苦笑い

9: 風吹けば名無し 2019/11/22(金) 06:38:48.97 ID:mIcRxRKw0
>>3
翔さんって4番にこだわっとらんやろ

続きを読む