【日大三vs奈良大付】日大三が奈良大付に快勝 7年ぶり16強 東京勢春夏300勝

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1534317733/

bb
08_15_16_29_10_673.mp4_snapshot_00.31
08_15_16_29_10_673.mp4_snapshot_03.16

日大三快勝 7年ぶり16強 東京勢春夏300勝

<全国高校野球選手権:日大三8-4奈良大付>◇15日◇2回戦

 日大三(西東京)が奈良大付に快勝。2度目の全国制覇となった11年以来7年ぶりの16強入りを決めた。この勝利で東京勢は春夏通算300勝目となった。

 1回、中村奎太外野手(3年)の2点二塁打で先制。3回には小沢優翔外野手(3年)の適時打で3点目を挙げた。6回には佐藤英雄捕手(2年)の適時打などで2点を追加。2点差に迫られた8日には佐藤の適時打で6点目。9回には高木翔己外野手(3年)の2ランでダメを押した。

 守っては西東京大会を通じて今夏初登板初先発の井上広輝投手(2年=180センチ、76キロ、右投げ)が夏の甲子園で復活した。自己最速の150キロの直球で奈良大付の強力打線を圧倒。3回を無安打無失点、4三振を奪った。同投手は今春センバツで好投。U18日本代表候補にも選ばれている。

 4回からは左腕河村唯人投手(3年)が登板。6回に3ランを浴びたが逃げ切った。

 東京勢の300勝(夏175勝、春125勝)は大阪の371勝、兵庫の304勝に次ぐ3位。

 また小倉全由監督は甲子園通算勝利を35勝とし、尾島公監督(箕島)に並ぶ10位タイとなった。

 初出場の奈良大付は6回に上野拓真内野手(3年)の3ランでスタンドを盛り上げたが、2回戦敗退となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00300313-nksports-base


104: 風吹けば名無し 2018/08/15(水) 16:29:00.27 ID:w+Dzf5si0
応援歌の盛り上がりが良かったわ

105: 風吹けば名無し 2018/08/15(水) 16:29:00.57 ID:K3zR5YyA0
潔い

109: 風吹けば名無し 2018/08/15(水) 16:29:01.66 ID:MwfpIwCv0
なぜ走らなかった
続きを読む