【大阪桐蔭vs高岡商】大阪桐蔭2度目春夏連覇へ4年ぶり8強!中川主将が逆転打 高岡商エース山田2桁奪三振も及ばず

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1534408318/

88
08_16_17_33_56_838.mp4_snapshot_00.26

大阪桐蔭2度目春夏連覇へ4年ぶり8強!中川主将が逆転打 高岡商エース山田2桁奪三振も及ばず

 ◇第100回全国高校野球選手権大会3回戦 大阪桐蔭3―1高岡商(2018年8月16日 甲子園)

 第100回全国高校野球選手権大会第12日は16日、甲子園球場で3回戦の4試合が行われ、第4試合は大阪桐蔭(北大阪)と高岡商(富山)が対戦。2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭が3―1で勝利し、4年ぶりベスト8入りを果たした。

 2回に先制を許したが、1点を追う3回に宮崎が右安打、青地が四球で出塁すると、主将の中川が左中間へ2点適時二塁打を放ち逆転に成功した。6回1死から根尾が右二塁打で出塁。石川は三ゴロで2死となるも山田が左適時二塁打を放ち貴重な追加点を奪った。

 先発は1メートル90の大型左腕・横川。初戦は柿木、2回戦は根尾が先発したのを見て「自分も早く投げたいという気持ちだった」という横川は、2回に1点を失うもその後は粘投。5回は自らのミスで無死一、二塁のピンチを背負ったが三振、ニゴロ、遊ゴロでしのいだ。

 横川は5回78球を投げ3安打2失点で降板。6回から柿木が登板。4回を無失点で抑えリードを守り抜いた。

 高岡商はエース山田が強打の大阪桐蔭打線から2桁奪三振の力投を見せたが、打線があと一歩及ばなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000120-spnannex-base


249: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 17:33:20.35 ID:z4R/VZE20
きたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

258: 風吹けば名無し 2018/08/16(木) 17:33:23.29 ID:zKHS9x7E0
良い球や
続きを読む