【サンスポ】阪神、弱竜にまさか連敗…金本監督が上本に喝「もっと攻めろ!」

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1492719804/
無題

1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 05:23:24.19 ID:+Sn9sKz6a.net
 (セ・リーグ、中日5-2阪神、3回戦、中日2勝1敗、20日、ナゴヤD)なんでもっと攻めんのや!
 阪神は七回に逆転され、最下位だった中日にまさかの連敗。金本知憲監督(49)は守備でミスをひきずった上本博紀内野手(30)に喝を入れた。
すべてのうっぷんを21日からの巨人3連戦(東京D)にぶつける!!

 ゴロが一、二塁間に転がった。1-1の七回二死満塁。
D2位・京田陽太内野手(日大)の打球に対して、二塁手の上本はまわり込むように追った。
グラブをかすめた打球が右前へ抜けていった。2点の勝ち越しを許した。
打ち取った打球が続けて安打となり、暗転。2戦連続の逆転負けを喫した金本監督は厳しく言い放った。

 「ま、守りでしょう。桑原も打たれてないし。その前のプレーがあって、やっぱり消極的になったんだと思うんだけど。脚力もあるんだし、上本は。
ちょっと引きずったようなプレーにみえたけど、あそこは、どんどん攻めていかないと」

 指揮官が指摘したのは、直前の一、二塁からの代打井領の投手強襲安打。
二塁ベース右へ転がったゴロを上本が捕球したが、二塁送球が頭にあったのか、一瞬握り直してから一塁に送球したため、セーフとなった。
気落ちしたのか、続いて飛んできた京田の打球も捕れなかった。追いついていれば、俊足京田が一塁セーフになっても、二走・松井雅の生還は防げたはず…。
上本は無言を貫き、早足で帰りのバスへと乗り込んだ。

以下記事全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000500-sanspo-base
出典元:サンケイスポーツ 4/21(金) 5:00配信



3 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 05:23:47.92 ID:4YiyBbM3a.net
弱竜?
続きを読む