阪神・矢野監督、痛恨のバスターエンドラン失敗に「俺自身が受け止めている」

m_f-bb-tp0-200915-202009150001157

阪神・矢野監督 痛恨のバスターエンドラン失敗に「俺自身が受け止めている」

 阪神は巨人に優勝マジック38の点灯を許し、今季初めて自力優勝の可能性が消滅した。

 勝負を分けたのは逆転を許し2点劣勢で迎えた7回の攻撃。安打と四球で無死一、二塁の好機を作り、打席に立った梅野の2球目にバスターエンドランを敢行も空振りで二塁走者・小幡の三盗は失敗に終わった。結局、この回は無得点に終わり、流れは巨人に傾いた。矢野監督は「勝負にいった結果なんでね。責任というか、それは俺自身が受け止めている。俺としてはいくべきところでいったというところ」と振り返った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/679cfcc4606d42133277b775011d91ed3d2b99da


320: 名無しさん 20/09/15(火)21:55:36 ID:vY.zz.L20
矢野「(バスターエンドランは)俺自身が受け止めてる。あそこは行かなきゃいけないと思ったから行った」

やり切った感出してんじゃねぇよ…

続きを読む