阪神 ロザリオ獲りへ3億円準備 金本監督、大砲熱望

転載元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1508799204/

spn_spnbiglb-20171019-0071-001-p-0_thum630

1: 風吹けば名無し 2017/10/24(火) 07:53:24.11 ID:zb1x5BsBa
【阪神】ロザリオ獲りへ3億円準備 金本監督、大砲熱望

 阪神が、来季の新外国人として韓国・ハンファのウィリン・ロザリオ内野手(28)の獲得に本腰を入れることが23日、分かった。韓国プロ野球で2年連続で30本塁打以上を放った右の大砲には日米の複数球団が興味を示し、獲得には年俸だけでも3億円以上が必要と見込まれている。球団は近年、初来日の野手の大型契約を避ける傾向が強く、一時は獲得に慎重論があったが、リミットを外してアタックする。

 「ロー・リスク、ロー・リターン」の方針を放棄し、金本監督が熱望する大砲獲りへ動き出した。球団首脳のひとりは「費用がどれくらいかかるかというより、打てる選手を探している」と説明。リストアップした候補の中で、最上位が複数回の現地視察で評価の高かったロザリオだ。

 ドミニカ共和国出身の28歳は、2012年にロッキーズの正捕手として28本塁打を放つなど、メジャー5年間の通算で打率2割7分3厘、71本塁打をマークした。16年に韓国球界に移籍すると主に一塁で起用され、1年目から33本塁打を記録。今季は119試合に出場し、打率3割3分9厘、37本塁打、111打点の好成績を残した。パワフルなスイングの長距離砲は金本監督の求めるタイプに合致する。

 球団は1996年オフに、年俸3億5000万円で獲得したグリーンウェルで失敗。それ以降、日本球界未経験の外国人野手との年俸契約は1億円前後が主流となり、1年目から2億円を超える選手はいなかった。13年ぶりのリーグ制覇へ、強い覚悟で「4番・一塁」候補の舶来砲に資金投入する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00000037-sph-base

2: 風吹けば名無し 2017/10/24(火) 07:53:43.42 ID:W/NzU7vm0
そんな価値あるんか?
続きを読む