札幌ドームさん「嵐に代わるコンサートの招致を進めなければならない」

1: 風吹けば名無し 2019/01/29(火) 16:34:28.32 ID:Nl+XQVhm0NIKU
スクリーンショット 2019-01-29 19.50.28
 
「嵐ショック」列島揺らす CM企業、テレビ、札幌ドーム 「予想せず」対応に追われる

 嵐をCMなどで起用する企業からは残念と惜しむ意見や、今後の活動を応援する声が上がった。ただ、メンバーは個々に契約を結んでいるケースも多く、休止後も各社の顔として活躍する姿を見ることができそうだ。嵐はグループとして年賀状のCMに4年連続で出演。日本郵便は「年賀はがきの普及に貢献し感謝しています」とコメントした。   
嵐は毎年11月、札幌ドーム(札幌市豊平区)でコンサートを開いてきた。昨年は3日間で延べ約16万人を動員。市内の宿泊施設の予約が取りづらくなるほどだった。ドームを管理運営する札幌市の第三セクター、札幌ドームは「多くのお客さんでにぎわっていただけに残念。嵐に代わるコンサートの招致を進めなければならない」(総務部)としている。   
CDショップは早速、嵐のコーナーを設けた。札幌市中央区の「玉光堂四丁目店」は約80種類の関連商品を集めた。28日は開店前からファンが並び、品切れになった商品も多いという。
秋本亜以里(あいり)副店長(42)は「活動休止に向けてさらに盛り上がると思うので、ファンに多くの商品を届けたい」と話す。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/271199

続きを読む