【夕刊フジ】もう金の卵をパに渡すな!広島・松田オーナー音頭で“清宮獲り”にセ・リーグ談合

20170922-00000533-sanspo-000-1-view

1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/25(月)17:59:11 ID:1f2
もう金の卵をパに渡すな! 広島・松田オーナー音頭で“清宮獲り”にセ・リーグ談合

 もうこれ以上、金の卵を渡せない。今秋ドラフト最大の目玉、早実・清宮幸太郎内野手(3年)は22日に進路を表明。プロ野球志望届を提出することを発表した。近年はアマ球界のスター選手がパ・リーグに集中する傾向が強いことから危機感を募らせるセ・リーグ6球団の幹部が今年7月、広島の料亭で膝を接し、全球団一致して清宮を1位指名して“セの顔”として確保する、前代未聞のプランを討議していたことがわかった。高校通算最多111本塁打を誇る希代のスラッガーを囲い込む秘策は、果たして功を奏するだろうか。

 “清宮カルテル”が討議されたのは7月3日夜。広島・宮島の高級料亭でのことだった。

 セ6球団の球団社長は、12球団を統括するNPB(日本野球機構)とは別に、2カ月に1度「社長会」と称する会合を開いている。各球団が持ち回りで主催し、この夜も全球団の社長が顔をそろえていたという。

 音頭を取ったのは最年長の広島・松田元オーナー(66)=球団社長兼務。

 6月に親会社から異動してきたばかりの巨人・石井一夫社長、就任2年目の阪神・四藤慶一郎社長らは恐縮しつつ、互いの球団の現状や課題などを語り合い親睦を深めていた。

 出席者によると、場が温まった頃、松田オーナーが「今注目されている大谷(翔平投手=日本ハム)もそうだが、セ・リーグに彼らのようなスター選手がいないのは寂しい。ここはひとつ、全球団で清宮君の獲得を狙い、リーグのスターとして育てないか?」と提案し、各球団社長の意思をただしたという。

 「はい」

 「獲りに行きます」

 温度差はあれ、おおむね前向きな答えが返ってきた。ただ、巨人・石井社長は就任間もないせいか返答に窮し、様子を察した松田オーナーが「言わなくていいよ」と制する一幕もあった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000019-ykf-spo

4: 名無しさん@おーぷん 2017/09/25(月)18:01:36 ID:37B
楽天とハムが甲子園のスター大好きすぎるからな
ソフトバンクも最近高卒メインだし

続きを読む