鵜久森淳志外野手「平目をゆず塩で食べるとすごく美味しい」

1: 風吹けば名無し 2018/09/14(金) 12:33:26.74 ID:vhSJadc50
スクリーンショット 2018-09-14 14.30.17
 
プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「最後の晩餐」です。

ヤクルト・鵜久森淳志外野手

 うーん……。難しいですね。人生最後の食事ですか? 焼き肉と迷いますけど、おすしを食べたいですね。日本ハムで北海道にいたときから通っている店があるんです。
『帆掛鮨』さんというところなんですが、本場だからこその味という感じで。
もともとジャイアンツにいた古城さんに連れて行ってもらったのが始まりで、ヤクルトに来てからもオープン戦などで、年に1回は行っています。

 最後に食べたいネタは平目ですかね。ゆず塩で食べるんですが、すごくおいしくて。こんな話をしていると食べたくなりますね(笑)。
ときどき食材も送ってもらったりしていて、ほっけなんかすごく大きい。人生の最後はおすしを食べて楽しみたいです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180914-00000011-baseballo-base

続きを読む