エンゼルス球団担当医「大谷の肘はノープロブレム。投げてもOK」

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1532042764/

20180720-00000032-dal-000-9-view

1: 風吹けば名無し 2018/07/20(金) 08:26:04.69 ID:K98moX1k0

大谷、投球練習再開へ 再検査で右肘がさらに改善

 大リーグ、エンゼルスは19日(日本時間20日)、大谷翔平投手(24)が損傷している右肘の内側側副靭帯(じんたい)の検査を受け、球団担当医から投球練習再開にGOサインが出たと発表した。

 大谷は6月6日のロイヤルズ戦の降板後に右肘に張りを訴え、精密検査の結果、内側側副靭帯にグレード2の損傷が見つかり、PRP(多血小板血しょう)注射と幹細胞注射を受けた。ノースロー、スイングは左手のみという状況で3週間をへて、同27日の再検査の結果、打者としての復帰が認められ、7月3日のマリナーズ戦で戦列に戻った。しかし、投手としての復帰にメドは立たず、ノースロー調整を継続。3週間後となるこの日の再検査の結果待ちの状態だった。

 大谷はこの日、ロサンゼルス近郊の病院で球団担当医のスティーブ・ユン氏の検診を受け、「靭帯は改善に向かっている。医学的見地から投球プログラムを始めることに障害はない」(球団)と判断されたという。ただし、球団の慎重な姿勢は変わらず、「彼の進行状況やリハビリスケジュールに関する詳細は適切な時期を見ながらアップデートしていきたい」とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000032-dal-spo

2: 風吹けば名無し 2018/07/20(金) 08:26:40.07 ID:x+9pUJ33p
>球団担当医

あっ…
続きを読む