【朗報】オリックスのドラ1山下舜平大、スケールが大谷レベル

AS20201027002809_comm

1: 風吹けば名無し 2021/02/04(木) 09:48:31.59 ID:g83DgcBVd
オリックス・舜平大は“もはや大谷レベル” 中嶋監督もスケールの大きさに感嘆「誰々2世とかではない」

 オリックスのドラフト1位・山下舜平大投手(18=福岡大大濠)が3日、宮崎キャンプで初めて投球練習し、捕手を立たせたまま直球のみ23球を投げた。自主トレから数えて4度目のブルペン入り。改めて高い潜在能力を見せつけた。

B班ながら、福良GMらと見守った中嶋監督は「あれで半分なら何キロ出るの。その(エンゼルス・大谷ら)辺の1年目、という目で見ていいのでは…」とうなり、唯一無二の存在になり得る予感を抱いた。 「大谷は大谷、松坂は松坂。山下舜平大は山下舜平大。これからのスケールの大きさであり、良いものは良い。誰々2世とかではない」

昨季は高卒新人だった宮城が1軍デビュー。16年ドラフト4位の山本も1年目からデビューし、いまや球界のエース格だ。育成のノウハウは球団に蓄積されていて、指揮官も大器への道に思いを巡らせた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/abc1b96dadc11553a262103251258fc28c7b7a47

続きを読む