【W杯】オランダ、PK戦に秘策 バレーボールの名将を招聘

引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1670628697/

1: それでも動く名無し 2022/12/10(土) 08:31:37.78 ID:R8cKkIoa0
689646676
興味深いのは智将ルイス・ファン・ハールが率いるオランダだ。彼らは「PKが運だけではない」と裏付けるような取り組みをしている。というのも、バレーボール界の名将をコーチングスタッフとして招き入れ、主にGKに対する戦術を深めているのだ。

オランダは、国際大会における7度のPK戦のうち5回で敗北。「接戦ほど弱い国」というレッテルを貼られてきた。そうしたなかで百戦錬磨のファン・ハールが今年9月に招聘したのが、国内のバレーボール界で名将として名を馳せたピーター・マーフィー氏だった。

国際バレーボール連盟の殿堂入りも果たしているマーフィー氏は、科学的アプローチに基づいた指導に定評のあるプロフェッショナルだ。2010年からは監督やコーチ向けに情報を提供するなどサッカー界にも造詣が深く、フランク・デ・ブールやエリク・テン・ハグらがその影響を受けてきた。

2: それでも動く名無し 2022/12/10(土) 08:31:54.93 ID:R8cKkIoa0
御年75歳になる伝説的な指導者は、9月の就任以降にフランス・フックGKコーチとともに、科学的根拠に基づいたPKの戦術的なトレーニングを6人のGKに実施。今大会に選出された3人(レムコ・パスフェール、ユスティン・バイロウ、アンドリース・ノペルト)は、国際的な実績こそ多くはなかったが、訓練の過程でよりよい結果を残した人材だったという。

マーフィー氏を「彼のもとでならペナルティーキラーは生まれる」と高評するファン・ハールは英紙『Mirror』の取材で、「我々にとっては最高の指導者だと思う。PKを蹴る相手に揺さぶりをかけ、安心感を失わせる方法を伝える。そのためのコツがあるんだ」とし、次のように論じている。

「相手に影響を与えることは可能だと思っているし、ピーターはとくにゴールキーパーたちの心理面で心強い存在となるだろう。彼はこの分野を大学でも深く研究していた人物だからね。科学的なアプローチで見出した技術をゴールキーパーに提供していく。これこそイノベーションと呼ぶべきことだ」

4: それでも動く名無し 2022/12/10(土) 08:32:41.50 ID:XyB/Bx+s0
科学的アプローチ🤓

3: それでも動く名無し 2022/12/10(土) 08:32:08.96 ID:R8cKkIoa0
PKは運ではなく、戦術と技術、そして精神力がモノを言う――。もしも、現地時間12月9日に行なわれるアルゼンチン代表との準々決勝がPK戦に突入すれば、オランダはそれを世界に証明するかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b2dd4d0dfce14da05ed234acac1b5471c601822b

続きを読む