元西武ライオンズ相内「悪いことをしてもバレない人はバレないのに僕は毎回バレる(笑)」

ダウンロード (64)

1: 風吹けば名無し 2021/03/01(月) 12:04:07.17 ID:Yn/stT+UM
なぜ元西武の”問題児”相内誠はRISEでの格闘家デビュー戦で屈辱の125秒TKO負けを喫したのか…今後の可能性は?

 西武時代には“問題児”のレッテルを貼られた。2012年に千葉国際高(現・翔凜高校)からドラフト2位で西武に入団したが、正式契約を前に仮免許で路上に出てペナルティを受け、プロ入り後も、未成年での飲酒、喫煙、自損事故などを起こし、トドメが、昨年の新聞沙汰になった事件。新型コロナの自粛期間だった4月に球団が禁止しているにもかかわらずチームメイトと共にゴルフ場にでかけ、しかも法定速度を89キロもオーバーする道交法違反の車に同乗していた。発覚した8月に無期限の対外試合出場禁止、並びにユニホーム着用禁止処分を受け、自主退団を申し出て、オフに戦力外通告。だが、ピンチはチャンスである。ユニホームを脱ぐことを決意したからこそ高校時代から温めていた格闘家の夢を実現できることになったのだ。

「運命ってあるのかなと思う。悪いことをしてもバレない人はバレないのに僕は毎回バレる(笑)。でも高校生までは運のいい人間だった。何をやっても運がよかった。指導者にも恵まれた、すでに使い切っちゃったのかもしれないが、格闘家として、ここからもう一度、ゼロから運をためていく」

https://news.yahoo.co.jp/articles/1aa15e6c0cd7c434f0709b9ebbf88e008aa4372d?page=3

続きを読む