カープ若手左腕多いのにさらに“即戦力左腕”をドラフト1位2位で指名 佐々岡監督「より一層左を強化し競争」 ドラ1黒原は中継ぎからの起用か

引用元:・https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1635169258/


152: 名無しさん@おーぷん 21/10/26(火)13:09:03 ID:gf.8r.L7
こま?

<“育成の広島”のドラフト戦略>若手の左腕が多いのに…カープがさらに“即戦力”左腕を1位と2位で指名したワケ

ドラ1黒原は勝ちパターンを形成できるか  結果的に3人、指名したドラフト1位選手の中で、広島と運命の糸で結ばれていたのは黒原だった。最速151キロの関西大学野球ナンバー1左腕といわれる本格派。19年の森下暢仁、20年の栗林良吏に続き、今年も即戦力投手の1位指名となった。

 先発か、中継ぎか、適性は春季キャンプに入ってから見定めることになるようだが、鞘師智也担当スカウトは中継ぎからの起用を推す。

「中継ぎの方が入りやすいかなと、個人的には思う。もちろん、先発する体力はある。馬力あるし、よく練習もするから」

 うまくいけば、2年続けて固定できていない、勝ちパターンの1ピースとなるかもしれない。

 2位指名も、同じ鞘師スカウトが担当する森。キレのあるカットボールを武器とする左腕で、こちらは先発タイプとみられている。

 かつて、広島は左腕不足と言われていた。ただ、近年のドラフト戦略で戦力バランスは変わりつつある。今季は先発ローテーションに、床田寛樹、高橋昂也、玉村昇悟の3人が名を連ね、中継ぎでも森浦大輔や塹江敦哉が勝ちパターンを経験するなど、左腕の台頭が目立つ。それは広島のドラフト戦略による、狙いのひとつだ。年齢的にもまだ若い左投手が多い中で、さらに即戦力左腕を2枚加えた。

 佐々岡真司監督は「より一層、左を強化したいという部分もあった。競争になると思いますけど、みんなが負けない気持ちになれば、チームの中でもレベルアップするんじゃないかなと思います」と左投手の底上げにつながる指名を歓迎している。

黒原拓未佐々岡1
https://www.google.com/amp/s/number.bunshun.jp/articles/amp/850350

162: 名無しさん@おーぷん 21/10/26(火)13:46:38 ID:QS.sa.L6
>>152
鞘師的には黒原はリリーフ適性もあるって考えなんやね
キャンプとオープン戦を経て考える感じだろうけどリリーフでそれなりにようやってくれるなら助かるな

169: 名無しさん@おーぷん 21/10/26(火)14:25:55 ID:lB.sa.L10
>>162
指標的にはリリーフ適正そんなに高いかなと疑問になるけど
数字には出ないなんかあんのかねぇ

819: 名無しさん@おーぷん 21/10/26(火)20:44:09 ID:pp.qs.L59
黒原もリリーフ向きだと1位指名したらしいけど
リリーフ回すと森浦とガッツリイメージ被ってるんだよなぁ

827: 名無しさん@おーぷん 21/10/26(火)20:44:44 ID:wF.v0.L28
>>819
タイプ違くない?

836: 名無しさん@おーぷん 21/10/26(火)20:45:39 ID:wF.v0.L28
>>831
そうかあ
ワイが見た感じタイプ似てるとは思わんかったわ
人によって感じ方違うもんやな

828: 名無しさん@おーぷん 21/10/26(火)20:44:51 ID:7i.k3.L21
黒原は森浦ほどいけるんやろか

835: 名無しさん@おーぷん 21/10/26(火)20:45:39 ID:3h.wj.L1
黒原は森浦より球の力はあると思う
カットボールがあるのも森浦との違いかな
コントロールは森浦の方がええんかな?イメージやけど

続きを読む