宮本慎也「清宮と村上の差は執念」

ダウンロード (40)

1: 風吹けば名無し 2021/02/21(日) 18:56:15.51 ID:RB0dAU0Aa
清宮は奮起を!ヤクルト村上との差は執念/宮本慎也

プロ入り4年目を迎え真価が問われている日本ハム清宮が、中日との練習試合で3ランを放った。この時期は結果よりも内容が大事だが、清宮は結果を求められる立場。フリー打撃から見ていたが、技術的な部分でそれほど大きく変わった点はなかったが「何としても結果を残す」という執念が、打撃スタイルからにじみ出るようになっていた。

ホームランはカウント2ボールから、真ん中の直球を右中間スタンドに運んだもの。打者有利のカウントからの甘い球で、清宮の潜在能力からすれば、それほど称賛するような1発ではない。しかし、強引な力任せのスイングではなく「失投は絶対に逃さない」という、仕留めるべくして仕留めた1発だった。

凡退した3打席を見ても、すべてコースなりに打っていた。長打を期待されるタイプの打者が、外角は逆方向、真ん中はセンター方向、内角は引っ張るといった打撃スタイル。結果を追求している証拠だろう。さらに第1打席の初球は、外角へのボール気味の真っすぐをストライクと判定されたが、悔しそうな表情までしていた。

気持ちの面で、確実に変わっているのだろう。昨年、NHKで解説をしていた試合で、ボール気味の球をストライクに判定されて見逃し三振を喫した。個人的な想像だが、ベンチに戻ると「ボールですよね」といった感じでヘラヘラしていた。この光景を見たとき、同期でもあるヤクルト村上との差を感じた。同じ状況での村上は、仏頂面でムッとした表情でベンチに戻ってくる。これがいいのか悪いのかは個人の考え方で違うだろうが、勝負事に向き合う執念の差だと感じていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c6b0a18cf62f19b32676bf40ab1fea987f44f753

5: 風吹けば名無し 2021/02/21(日) 18:57:01.99 ID:sOfyRCXO0
技術じゃなくて精神面か

続きを読む