中日・与田監督、阿部を庇う 「内野ゴロを打てば1点入る場面で、実際に内野ゴロを打つのは難しい」

m_sponichi-spngoo-20210420-0238

1: 風吹けば名無し 2021/04/21(水) 01:04:05.96 ID:SV/aMI1F0
貧打・中日が今季3度目の無得点 与田監督は「点を取れる戦術を僕がしないといけない」と猛省

中日の打線が振るわない。20日のDeNA戦(横浜)に中日は0―0と今季3度目の無得点に終わり、8回3安打無失点と好投した大野雄を見殺しにしてしまった。

DeNAはゲッツーシフトを敷き内野ゴロでも1点入ったが、与田監督は「それでも十分良かった。もちろん、そういう気持ちで打席に入っていたと思うけど、なかなかそれが簡単にはできない。選手の意志が結果につながるように。阿部も今日、二塁打を打って、福田にも安打が出て、少しずつ上がってきているので、そういうところに期待していきたい」と必死で前を向く。

その上で、打ち上げてしまった阿部、木下拓を責めることなく、指揮官は「特に(7回)無死一、三塁で、点を取れる戦術を僕がしないといけない。結果的に点が取れなかった。打てなかった選手がどうこうというよりも何とか点が取れるように、しっかり采配を考えないといけない」と猛省する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4c37ee0c3e343b5f3cbc8d4a5b85a89e48e88063

続きを読む