建山コーチ「山本は6回100球までと決めていた。青柳起用は第2先発として準備させていたから」

9

1: 風吹けば名無し 2021/07/29(木) 07:43:18.36 ID:ownub7410
【侍ジャパン】建山コーチが悔やむ継投…「先発・由伸」の光と影

酷暑や重圧を踏まえ、建山投手コーチは「100球まで、6回までと決めていた」と由伸降板の理由を説明。本格派の山本から変則の青柳への継投が効果的と踏んだが、裏目に出た。第2先発として初回から待機させていたこともあり、同コーチは「(山本→青柳のリレーに)こだわりすぎた。彼に負担をかけてしまったのは反省」と悔やんだ。

優勝した19年プレミア12では7回甲斐野―8回山本―9回山崎が機能。稲葉監督も方程式の構築を勝因に挙げた。山本が先発に回った今大会は8、9回を平良と栗林に託す。“空白の7回”を含む終盤の継投に関し、建山コーチは「7回以降は専門職でいきたい」。左の岩崎を要所で使いつつ、7回山崎―8回平良―9回栗林のリレーを基本に据えることになりそうだ。

https://hochi.news/articles/20210728-OHT1T51336.html

続きを読む