大谷翔平さん、帰国後は都内タワマン最上階で母親がサポート

otani_shohei_06-500x750

1: 風吹けば名無し 2021/11/25(木) 10:02:38.88 ID:2NB/JZa4d
大谷翔平、国内の拠点は都内タワマン 2.5億円の最上階で母親がサポート

そんな大谷は10月末に帰国してから、都内でひっそりとシーズンオフの生活を始めていた。その極秘の生活は、スターの暮らしぶりとしては、あまりにも質素だった。

「国内の拠点は都内のタワマン最上階にあるメゾネットタイプの部屋で、2018年春に2億5000万円をキャッシュで払って購入したそうです。オフシーズンはこの自宅にいることが多く、タワマンと練習場を往復する毎日です」(スポーツ紙記者)

11月下旬、上下黒のトレーニングウエアで自宅にほど近いスポーツジムに現れた大谷は、1時間半ほど汗を流してまっすぐ帰宅した。帰国後は買い物などもスポンサーの店でサッとすませるだけの大谷だが、実はタワマンで1人の女性が彼の帰りを待っている。母親の加代子さんだ。

「大谷選手が帰国中は、ふだん岩手に住んでいる加代子さんが夫を残して上京して、食事や身の回りの世話をすることも多いそうです。加代子さんは以前からオフシーズンになるとちょくちょく息子のもとを訪れて、冷凍した手作りの料理を手渡したりしていましたからね。いまはコロナもあるし、大谷選手の体調のことがよほど心配なのでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

https://news.yahoo.co.jp/articles/a6c9be5a15157549c4734516bd0d31fa223fa6f6

続きを読む