鈴木誠也、今オフポスティングでMLB挑戦は決定的

show_img

1: 風吹けば名無し 2021/10/22(金) 11:11:27.46 ID:PE5JAbOn0
鬼筆のスポ魂 カープ主砲・鈴木のメジャー挑戦は決定的 いま心技体のピークに 植村徹也

広島の主砲・鈴木誠也外野手(27)が今シーズン終了後、ポスティングシステムを利用して大リーグに挑戦することが決定的になっていることが明らかになった。すでに球団側には了承を得ているものとみられ、ポスティングに必要なMRI検査(磁気共鳴画像診断)などメディカルチェックを行う手続きにも入っている。代理人の選定も済ませており、全日程終了後、正式発表を行う方向だ。

気になる大リーグ30球団の鈴木に対する評価だが、直近の日本人野手の移籍条件が参考になる。20年1月に海外FA権を行使し、西武からレッズに移籍した秋山翔吾外野手は3年契約の総額2100万ドル(約22億円)。19年12月、ポスティングを利用してDeNAからレイズに移籍した筒香嘉智外野手(現在はパイレーツ)は2年契約の1200万ドル(約13億円)。2人とも年俸ベースで6億~7億円だ。

すでに鈴木に対しては、ロイヤルズ、レイズ、フィリーズ、マリナーズ、レンジャース、ブルージェイズなどが興味を示している状況で、戦力構想としては「レギュラーの外野手、6番~7番打者」というのが海の向こうから伝わる水面下の情報だ。年俸6億~7億円の3年契約が基本線という。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e4ec72768f078bf4116379d7bd5bb1637c8bcdd0

続きを読む