作新監督「今井(現西武)が調子いいから入江(現DeNA)はバッター専念な」入江「はい…」→ホームラン3発で甲子園優勝

20210201_irie_km

2: 風吹けば名無し 2021/04/22(木) 07:45:30.91 ID:p0hQxmPR0
楽天早川からホームラン打つ逸材だったのにな
牧がいるから今更野手転向できないしトレードしかないやん

DeNAドラ1入江、甲子園優勝で芽生えた反骨心「ジェラシー、悔しかったです」

 あいつには負けたくない――。入江がオンラインインタビュー中に強烈なライバル心を見せたのは、2016年夏の甲子園V投手となった元チームメートの話題になった時だった。

「もうジェラシーです。だいぶというか、めちゃくちゃ悔しかったですね。当時は(今井投手で勝ち上がる度に)『うおぉぉぉ~』とこみ上げてくるモノがありました」

 作新学院高では投手として2年夏に甲子園出場。3年春はエースナンバーを背負っていたのが、控え投手だった今井が急成長。3年夏の甲子園は背番号「3」の一塁手として出場した。史上7人目となる3試合連続本塁打を放って全国制覇に貢献。侍ジャパン高校代表にも選ばれたが、どこか投手への未練、悔しさが残ったという。明大では再び投手に転向した。

https://full-count.jp/2021/02/16/post1050208/


続きを読む