【悲報】岩村明憲さん、隠し子報道が原因で離婚していた

img_86524b12d74a29d93b2c341802260ab124730

1: 風吹けば名無し 2021/02/02(火) 07:05:33.80 ID:0Q/IA/2100202
岩村明憲“生涯年俸29億円”元大リーガーが「養育費不払い」隠し子を見捨てた通告書

 彼がこれまで野球で得た年俸総額は、29億円以上。その醜聞を『FRIDAY』が報じたのは、2017年のこと。すでに結婚して球団の選手兼監督だったが、愛人と隠し子がいたのだ。

「当時、岩村は福島・郡山に単身赴任していました。都内に妻と2児を残したまま、仙台在住でプロのダンサーとして活動する女性と愛人関係に陥り、子供まで作ってしまったのです」

 岩村の真意を球団に問い合わせると、本人から編集部に電話があった。

――Mさんとのあいだの子を認知しなかったのは、なぜですか?

「きちんとDNA鑑定を受けて認知しようという思いはあったが、延ばし延ばしにしてしまった。ただ、彼女の実家で話し合ったときの記憶は曖昧で……。自分が当事者じゃない感覚で、まともな精神状況ではなかったんです」

――スター選手だったあなたが、1円も養育費を払えないとは信じがたいのですが……。

「すでに1600万円を支払いましたし、コロナ禍で球団も融資頼りの危うい財務状況で……。報酬がゼロの月もありました。もとから僕が浪費家なこともあり、貯蓄を切り崩しながらの毎日で、自分の生活もまわらず、定期的な支払いが難しくなってしまいました」

――奥さんとの仲は?

「2019年3月に離婚が成立しました。……もちろん隠し子報道が原因です」

 岩村はそう、苦境を訴えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b6d1e24f790f1d1146d8334716a34bee74ed9d1f

続きを読む