山口俊の獲得レースにDeNAも参戦か 巨人とともに獲得を検討している模様

20210218-02180028-sph-000-6-view

1: 風吹けば名無し 2021/02/20(土) 07:50:36.95 ID:YQrfg8Iap
自由契約の途端に争奪戦、山口が日米複数球団で人気の理由 鬼筆のスポ魂

米大リーグ、ブルージェイズの40人枠(ロースター)から外れた山口俊投手(33)がウエーバー公示期間が過ぎ、自由契約となった。ウエーバーで獲得を希望する球団が現れた場合、移籍先で山口はロースターの40人枠に登録される。しかし、希望球団は現れなかった。ところが、自由契約となった途端、日米複数球団が山口の獲得調査に乗り出しているのだ。

大リーグで最も熱心なのが、昨季ア・リーグ西地区最下位のレンジャーズ。日本ハムからポスティングシステムで有原航平投手(28)を獲得したものの、先発投手陣は手薄。獲得してもマイナー契約で、キャンプやオープン戦で結果を残さないとメジャー昇格はないが、レンジャーズ以外にも投手陣の弱い複数球団がマイナー契約で獲得調査を行っている。 山口獲得を視野に入れているのは、日本にも2球団ある。2019年オフに球団史上初めてポスティングシステムでのメジャー挑戦を許可した巨人と、2006年のプロ入りから11シーズン過ごしたDeNAだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/16394ffc099647ebb581b7b13b1f6dfc1783d13e

続きを読む