広岡達朗、ヤクルト広岡と巨人田口のトレードにコメント

hirooka_tatsuro1

1: 風吹けば名無し 2021/03/02(火) 06:47:24.04 ID:+YrWcyWq0
球界大御所は巨人田口とヤクルト広岡の電撃“格差トレード”をどう見たか…「ヤクルトは順位を4位に上げる可能性が出てきた」

“セ界”に衝撃を与える異例の電撃トレードが開幕前に成立した。キャンプを終えた段階でまだローテーションを確立できずにいたヤクルトにとって巨人の田口は願ってもない先発左腕。一方、巨人は差し当たって緊急補強の必要性はなかったが、“ポスト坂本勇人”になれる大型の内野手の育成がチームのテーマでもあり、ヤクルトでは定位置を確保できていないが、今年がプロ6年目でブレイクの可能性を秘めた広岡は魅力的だったのだろう。

広岡氏は、「田口が1年を通じて働けるかどうかだが、昨年あたりから少しスリムに見え始めた。剛球派ではないが、キレのあるボールがあり調整次第では先発で通用する。実際、2桁勝った実績もある。高津監督の起用法次第では、このトレードで最下位予想のチームが4位まで順位を上げる可能性が出てきたと思う」と独特の“辛口表現”で期待を寄せる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/228af8d99251d5195f075126d747ee0dbf6cba5a?page=2

続きを読む