巨人小林誠司、またトレード候補に挙げられてしまう【ゲンダイ】

KobayashiSeiji20200915-thumb-600xauto-238290

1: 風吹けば名無し 2021/03/04(木) 09:49:05.12 ID:ibYL3wJY0
原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

巨人・田口麗斗投手(25)とヤクルト・広岡大志内野手(23)の電撃トレードが発表され、巨人に他球団から熱視線が注がれている。

なにせ、昨年は澤村、今年は田口といった侍ジャパン経験者の元主力が次々と放出された。澤村の交換要員だった香月との年俸格差は1億4750万円だった。今回の田口と広岡の差は5400万円。たとえ相手が釣り合わなくても「飼い殺しはしない」という原辰徳“全権”監督(62)の方針により、気前よすぎるトレードがどんどん成立する。もはやレギュラー以外は全員トレード要員といっていいほどだ。

そんな中、他球団から圧倒的な支持を受けるのが小林誠司(31)だ。球界随一の強肩を武器に正捕手を務めてきたが、昨季は度重なる故障もあり、わずか10試合の出場にとどまった。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/285904

続きを読む